2007年10月20日

緊急自動車に乗ったよ

Filed under: 保育園・幼稚園にて — スキップ江原 @ 11:19 PM

体育レッスン終了後に保育園に緊急車両が3台到着し、園児らに体験講座を行なっていました。

消防車と記念撮影大きな大きな消防自動車と記念撮影。

 

 

 

救急車に乗ったよ救急車にも乗ったよ。

ベッドにいろんな機械もついて、救急車ってスゴイなー。

 

 

地震体験車グラグラ揺れる自動車にも乗ったよ。

地震がおきたら机の下に避難。

みんな降りるなり、「ぁー楽しかった!」

決して楽しんではいけないんだけど、楽しみながら災害を知るのも勉強ですね。

子ども達にとってはいい一日でしたね。



2007年10月19日

かがり火

Filed under: わらべ心・あそび心。 — スキップ江原 @ 7:48 PM

我が家の前の長良川(岐阜県美濃市)では、この時期落ちアユを網で捕らえる舟がでます。

いつ頃という決まった日にちは決まってないようなのですが、幻想的で伝統的な催しに少し寒さをこらえながらも見惚れてしまいます。

かがり火このシーズンも大詰め。温暖化で生態系も崩れている中、受け継がれてきた行事は絶やさないようにしていきたいものです。



2007年10月18日

ものぐさ太郎

Filed under: 先生、あのね。 — スキップ江原 @ 11:54 PM

保育園レッスンでよく使用するアイテムがカラー帽子。

表はクラスまたは学年の色、裏は白や黄色が大半。

ドッヂホールや鬼ごっこ・お相撲さん・リレーなどチーム分けに効力を発揮。

えっぱら 「2人でジャンケンをして勝ったお友達が帽子をひっくり返してください」

子ども「ジャンケンポン」

勝った子 「やったーっ」

負けた子 「別にいいよ。面倒くさいでー」

帽子を裏返すだけで面倒くさがっては駄目ですよ!



2007年10月17日

経験を伝える

Filed under: 保育・指導のツボ — スキップ江原 @ 2:50 PM

勉強はほとんどが伝達ゲームと考えている。

過去に学んだ授業を自分なりに解釈、アレンジし、後生へ伝える。

運動技能も伝達ゲーム。自分の失敗談や成功例を伝えることで受講生も納得し次のステップに進む。

水曜日の午前はトライデントスポーツ医療科学専門学校・幼児教育専攻1年の「うんどう」の授業。

本日のお題はマット。

前転・後転の基礎と応用と補助を紹介し、来週が実技テスト。

幼教1できる子にとっては簡単な実技でも、幼児教育という立場からの授業では、補助を含めて自分の思いや指導法をわかりやすく教えなければならない。

できない(子ども達の「できなーい」は「やったことがなーい」が大半)事ができる様になった時に、初めて面白さが実感でき、顔がゆるむ。

現に倒立前転ができなかった男子学生(彼も厳密にはやったことが無かったのであろう)も、少しコツをつかんでからは狂ったようにやっていた。

そして何より、できない学生に対するアドバイスや補助が自ずと出てくる。

教えることはティーチング。 基礎から応用に導くのがコーチング。 

ツボだけ教えれば何も言うことなし。私の理想の授業が成立した1コマでした。



2007年10月16日

嬉しいクレーム

Filed under: ちょっといい話 — スキップ江原 @ 11:23 PM

バスケットを主訴とする会員様より「先生との予定が合わない」と連絡があり、丁重にお詫びをしました。

ある意味人気商売であるが故に、何ヶ月も前から先取りをしてもらえればとお願いしているが、寸前まで予定が立ちにくい会員様にはなるべく柔軟な対応ができるようなシステム化を取り急ぎ行っているものの、まだまだご迷惑をおかけしております。

しかし指導者冥利に尽きるお言葉も頂きました。
「息子は○○先生に絶対的な信頼をしている。レッスン予定が週によってまちまちだが、何とか対応して頂きたい。」

スタッフの評価をしていただける言葉は正直やりがいを感じる。

会員様にご満足いただける、十分以上のサービスの充実目指して、引き続き対応していきます。



2007年10月15日

やりがいのある場所を探す

Filed under: やらなカン — スキップ江原 @ 11:55 PM

実は起業前に1年間、地元の町工場で働いていました。

起業に向けた資金調達のために派遣社員として日勤夜勤を繰り返していました。

少しは信頼されフォークリフト免許も取得し、それなりに役職もつきました。

12年間、幼児体育だけに生きてきた井の中の蛙から全く畑違いの仕事で得たチームワークやものの考え方などを学び、ある意味新鮮でした。が、仕事としてはやはり向いていなかったんでしょうね。

失敗はたくさんしてもいいと思います。居場所はたくさん変えてもいいと思います。遠回りも大いに結構だと思います。

少年団が合わなければクラブチーム、部活が合わなければ町道場、チームプレイが合わなければ個人プレイ・・・。

自分の居場所を探しましょう。自分が輝けるために!



2007年10月14日

インストラクター 募集

Filed under: ちょっといい話 — スキップ江原 @ 10:28 AM

スキップではインストラクターの募集を随時行なっております。

幼稚園や保育園・小学校教諭・養護学校教諭などを目指す学生らを中心に、免許を取得してプロとして行っているスタッフもいます。

主な業務は出張スポーツ家庭教師アリーナでのレッスン

首都圏とは違い公共交通機関が不便な面もあり、運転免許取得・自動車もしくはバイク所有の方を優遇しますが、移動の可能な限り公共交通機関を利用した出張も行なっていただきます。

スタッフとの同行レッスンの研修を経て単独レッスンをする事で、子ども達の笑顔やスキップに申し込んでまで運動を頑張る目的、親御さんの思いなどを共感しながら一緒に成長してほしいと思います。

「先生」と呼ばれる仕事が故に決して楽ではありませんが、子どもが好きで夢のある方。 あそび・スポーツを通して自分を磨いてみませんか?

申し込みはこちら ⇒ http://www.sf-skip.com/instructor/index.htm



2007年10月13日

ショータイム??

Filed under: わからなカン — スキップ江原 @ 8:08 PM

先日のボクシングの試合はなかなかの批判の嵐。マスコミも話題となるや持ちあげて、今回の試合に関しては叩きまくる。 だからメディアは怖い。

あの父ちゃんの認めるところとすれば、自分が成し遂げれなかったボクサーの夢を託し3兄弟に高い意識を持続させ、世界戦まで育てあげた事。

並大抵の努力ではそこまでは出来ないだろう。

しかし今回の試合でかなり厳しい処分になるとの事。

兄弟はまだ若い。育ててくれた父ちゃんを思い勝った時には涙さえ流した事もある。

でもプロと呼ばれる仕事なら尚更「スポーツマンシップ」を忘れてはいけない。

子ども達はそれらの逞しさに魅力を感じ憧れるのだから・・・。



2007年10月12日

責任を与える

Filed under: 子ども達との日々 — スキップ江原 @ 11:58 PM

中川区・冨田教室にて。

今週より施設メンテナンスで冨田地区会館が使用できないため、富田北プールにてプールレッスンに急遽変更。

やむをえない対応とはいえ小学生の会員様は会費のうえ施設使用料まで負担してもらわなければならないので、2ヶ月の間ご迷惑をおかけ致します。

さて、プールレッスンですが、トライデントスポーツ専門学校の幼教2年が頑張ってくれました。

学生の1人は普段からスイミングスクールのアルバイトをしており、普段はおとなしい女の子なのですが、自らリーダーを買って出て、同級生をリードしていました。

またその他の学生らも、泳げる子チーム・スキルアップチーム・ビギナーチームと分けてスクーリングを行なっており、ただ泳がすだけではなくどのように教えたら上達するかを指導の中で学んでいく姿が学生らの顔から感じとれました。

子ども達の運動力と学生らの指導力の1つの力が強く感じられた瞬間です。

学生らの自主的な行動に今日は全体を眺めながらも他の利用客のお詫びに徹しながらの1時間でした。



2007年10月11日

ノリックよ

Filed under: わらべ心・あそび心。 — スキップ江原 @ 11:52 PM

あんたの走りがかっこよくてヘルメットもレプリカを購入して、上手になった気になっとったのに。

よりにもよって公道で、それもバイク事故じゃ、うかばれんでしょー。

みんなに夢を与えるライダーっていう職業にしては早すぎるがね。

アグス今までおおきに。

ゆっくり休んでちょ。

今までおおきに。



« 前ページへ次ページへ »

HTML convert time: 0.739 sec. Powered by WordPress ME