2023年6月21日

畜生と思うだろうが

Filed under: 子ども達との日々 — スキップ江原 @ 1:02 AM

軽度発達障がいの子ども達が通う運動療育グループには、感情がコントロールし難い子や人の思いが読み難い子が多く、しばしばトラブルが起きる。

トラブルは正義と正義のぶつかり合いで、どちらの主張も正しい場合もあるが、やはり先手があって後手がある。

今日も1人の子が私に叱られた。スキップのレッスンはほとんどの会場で親が見学をしており、みんなの目の前で叱られるという、現代ではナンセンスかもしれないが、全員がそのプロセスを見ている。問題はその叱り方で、場合によっては遠慮なく叱りつけてしまい、この歳になっても反省の日々である。

子ども達は『畜生』『先生なんか大嫌い』と思うだろうし、他人(えっぱら)からとんでもなく叱られた事に憤りさえ感じるだろう。

でも、こういうやり取りの繰り返しで社会の弱者にならない様に生き抜いてほしいと願うのみである。

学校教師ではなく教育業の人間だからこその公開説教をご理解下さい。



2023年6月16日

片栗粉プール

Filed under: 子ども達との日々 — スキップ江原 @ 8:32 PM

福島市 ミライムキッズアカデミー 旭町教室(児童発達支援教室)にて

ん?

んん?

唐揚げか?

ふむふむ

んんん?

子ども達登場!

片栗粉と水を5:4の割合で混ぜると、走ったり跳んだりしている間は水の上に浮く事ができるそうです。



2023年6月15日

理想に近づく

Filed under: ちょっといい話 — スキップ江原 @ 9:12 AM

今年から運動療育のコンサルティング契約を締結した長野県下諏訪町の放課後等デイサービス『ららら・らんど』。

1回目の契約説明の訪問を除いて、2ヶ月弱で2回の訪問をし、子ども達への運動療育のアプローチと共にスタッフの方々への勉強会をさせて頂きました。

弊社と契約している事業者の中でも勢いのある1つで、良いと思った事は直ぐに実行に移す。どの職種でもそうですがスピードが勝負です。

ららら・らんど の何が凄いかというと、1回目の実技訪問(契約1ヶ月)で既に内装工事を済ませ天井に弊社がオススメしたぶら下がり遊具の基礎を作ってしまいました。

賃貸物件の構造にもよりますが、内装業者の調べだと100キロの重さに耐えられる施工をなされたそうです。

子ども達は普段とは違う、遊園地の様な ららら・らんど に過剰反応し、みんな遊具に飛びついてきました。

体幹強化や脳への刺激にぶら下がり(スイング)遊具は良いとされており、あそびの幅が更に広がったと思います。

2つ目の凄いところはメディア戦略。コレは好き嫌いがあるかもしれませんが、地元新聞社を呼んで運動療育の取材を受けました。

運動療育の取り組みと私の技術指導が記事になったのですが、他との差別化を図る上でも実は大事な戦略の一つです。

私が契約する際に掲げた、半年後には行列ができ、1年後には入りたくても入れない程のキャンセル待ちにする。が、2ヶ月足らずで実現しそうです。

頑張っている企業には3倍返しで全力サポートさせて頂きます。

放課後等デイサービス ららら・らんど
http://hp.kaipoke.biz/nfe/



2023年6月2日

癒しの初夏

Filed under: ちょっといい話 — スキップ江原 @ 8:02 AM

おらが村 大垣市。街ではなくて田舎の部落。

保育園に出勤途中の麦畑には山羊が放たれています。

犬と散歩をしていると我が家の周辺では田植えの準備が始まり、カエルの合唱が聞こえてきます。

朝の散歩では水田を鴨も散歩していました。

帰ってくる。暮らしている。そんなおらが村ですが、周り近所の農家さんのご苦労に癒されています。



HTML convert time: 0.284 sec. Powered by WordPress ME