2019年4月21日

Power Phrase

Filed under: ちょっといい話 — スキップ江原 @ 7:13 PM

色々な人と出会い、色々な人の影響を受け、色々な人から助言を受ける。

100人よりは200人。1000人よりも2000人。

私も6年の時にバスケットクラブ顧問の1年1組の先生から「江原は面倒見がいいなぁ」という言葉が刺さり今に至っています。

沢山の人と出会う事で人生を変える言葉に遭遇するかもしれません。



2019年4月14日

空中で体を保つ

Filed under: プレジャーアリーナ,プレジャートレーニング — スキップ江原 @ 8:44 AM

アリーナ療育レッスンで まっきー先生が面白い仕掛けをして作ってくれました。

跳び箱の枠が宙に浮いています。

スラックラインを渡りながら枠をくぐる子もいれば、枠から枠へ直接空中散歩をする子もいます。

空中での姿勢保持は、鉄棒やジャングルジム・雲梯などで体験ができますが、この画像では揺れが生じますので、枠だけを使った移動はまさに空中ブランコに近い設定です。

乳児や大人になると安定を望みますが、幼児や児童・若者は不安定を好みます。

揺れる・ぶら下がる・高い・落ちる・浮く・回る などのようなハラハラドキドキが楽しめるようになれば、学校体育の種目はグングン伸びていきます。

空間利用があそびながら体験できる施しが スキップ プレジャーアリーナ です。



2019年4月11日

春の風物詩

Filed under: わらべ心・あそび心。 — スキップ江原 @ 6:50 PM

私が移り住んだ岐阜県大垣市の隣町、不破郡垂井町の相川で数多くの鯉のぼりが泳いでいます。

たまたま立ち寄った時にまだまだ桜が咲いていて、暖かい日差しと元気に泳ぐ風が吹いていました。

令和最初の端午の節句を迎える準備が整っていました。



2019年4月9日

スキップ卒業生からスター誕生!

Filed under: ちょっといい話 — スキップ江原 @ 11:56 AM

春のセンバツで愛知・東邦高校が優勝しました。

そのベンチメンバー(控え投手)の 奥田優太郎君は、以前 佳那子先生と取材を受けた子でした。

https://www.sf-skip.com/media/101008.htm

 

努力は裏切らない。今後の活躍も楽しみです。

 

https://baseball.yahoo.co.jp/m/hsb/game/2019040361/top



2019年4月4日

ゴールデンウィーク SKIPまるごと1日キャンペーン

Filed under: プレジャーアリーナ — スキップ江原 @ 5:36 PM

今年のゴールデンウィークは10連休。子ども達の気分はウッキウキ。大人達の気分はドッキドキ。

お仕事がカレンダー通りの休みではないので・・・。 学童保育はお休みで・・・。 10日間も面倒見切れない・・・。 という方に是非お勧めのSKIP特別企画。

ゴールデンウィーク SKIPまるごと1日キャンペーン

4月29日・30日・5月1日 の3日間、プレジャーアリーナで充分あそんで頂きます。

プールやフワフワ遊具も登場します。

1日15名の限定プログラムですのでお早目の申込みがおススメです。

https://www.sf-skip.com/ev-childcare/index.htm

令和元日はSKIPプレジャーアリーナで思う存分あそんじゃおう!



2019年4月3日

予定がほぼ埋まりました

Filed under: ちょっといい話 — スキップ江原 @ 8:11 AM

毎年4月2日は大垣市立保育園・幼稚園・幼保園の訪問日。

今年度も13園を巡回させて頂きます。

これで3月までの予定がほぼ決まり、お陰様で空き日程があと少しとなりました。

連日で講師依頼をご希望の事業所は日程指定となりますが残りわずかですので、お早めの依頼をお待ちしております。



2019年4月1日

さぁ行こうか

Filed under: わらべ心・あそび心。 — スキップ江原 @ 8:52 PM

辞令交付・社内研修を行い、一致団結の写真撮影をしました。

大きい組織であったとしても意識や知識が低ければいつか見抜かれます。スキップは小さい組織でありますが、一人一人が知識集団であるべく日々努めております。

今年度もこのメンバーを中心に、必要としてくださる方々に全力サポートしてまいります。



2019年3月27日

ファインディング ニモ から考える

Filed under: ちょっといい話 — スキップ江原 @ 6:41 AM

ディズニー映画は大人も子どもも引き込まれますよね。

みんなの大好きな『ファインディング ニモ』。

お父さんと離れ離れになってしまい様々な困難を乗り越えるアニメーション映画。

ニモは生まれつきヒレが小さい障がい児。ドリーは記憶障害(LDやADHDも?)。

お父さんは冷静な判断ができず振り回されていると思われがちですが、ニモはニモで、ハンディとは思わず多くの出会いで信頼を獲得していきます。ドリーも自分の記憶を取り戻そうと必死に悩みながらもたくさんの言葉で話をします。

近くにいなさい。喋らないでくれ。これらを守っていては個性が無くなり何も成長しません。振り回されているのではなく、振り回しているのかもしれません。

自分の規制に当てはめず、多くの人からその人のルールを学んでみませんか。



2019年3月11日

ママ友に振り回されないように

Filed under: わからなカン — スキップ江原 @ 10:48 PM

季節柄、退会者が多くなります。

入学や進級を機に違う習い事に、送り迎えが困難な為、など様々な理由がありますが、ごくたまに『あの子が辞めるから』という退会理由があります。

ママ友の悪しき組織がそうさせているのであれば、それは非常に危険です。

出来ない事を補うため、やりたい事に挑戦するため、の習い事であり、他人に合わせる必要はないのです。

過去に、卒園を迎えていた4組の仲良し会員がいて、私から見てもわかるママボスが卒園を機に退会を申請してきたのですが、その後に「次はスイミングを習わせませんか?」と教室内でママ友に勧誘していました。

そのグループの1人の子どもが「こんな楽しい体育クラブを◯◯君のママは辞めるの?」と割って入って話していました。

結局2人は継続。ボスママともう1人は退会したのですが、夏休み明けにその1人が戻ってきて更には運動会後にボスママも再入会してきました。理由は『体育についていけないから』。

やりたい事、やらせたい事は家族内で決める事であり、他人のママ同士で決める事でないのです。

お母さんも強い気持ちを持ってくださいね。



2019年3月7日

次世代に向けて

Filed under: やらなカン — スキップ江原 @ 7:10 AM

今年は年男。あと12年で還暦の今年。前回の亥年と同じ期間ながらも凄いスピードであっという間に12年は訪れるでしょう。

14年前に起業した事を考えるとあっという間の期間でもありましたが、内容は濃く、浮き沈みもありました。当初の構想を継続しつつも時代にあった新しい業務も加え、スタッフも充実し、磐石となりました。

さー、次への12年は

私が今行っている業務のスタッフ達への継承。それも私が手がけた年齢の5年~10年早く。

継承なので、私が築き上げた内容や手法を何度となく帯同させて徐々に任せていく。要するに真似をしていけばいいのです。相手先に今までと同じように、できれば私以上に受け入れられればいいのです。

スタッフ達にとってはチャンスなのか悲劇なのか?

情報量と生活観の違い・あそびや娯楽の変化・様々な刺激などが今後更なる急加速で浸透していくでしょう。が故に今の仕事を早く継承し、スタッフ達が私と同じ年齢となった時には今では考えもよらない仕事と向き合う事となるので各々が考え対応することとなるでしょう。

60近いお爺ちゃんが子ども達とあそんでいる姿を想像すると悲しいものがありますが、還暦が楽しみでもあります。

 



次ページへ »

HTML convert time: 0.612 sec. Powered by WordPress ME