2022年12月24日

ご指摘に感謝

Filed under: 保育・指導のツボ — スキップ江原 @ 11:49 PM

スタッフの1人から相談を受けました。

ボールゲームの説明を子ども達にしていたところ、話を聞いていなかった子に対して軽くボールを体にぶつけて注意をしたところ、親御さんから注意を受けた事がかなりの衝撃で、深く悩んでしまったようです。

確かに注意を向けるためにボールを当てる事が正しいかと問われると、その場の雰囲気にもよるのでジャッジはしにくいのですが、真剣に育って欲しい子ども達のために一生懸命になる様に、親も一生懸命に子どもを応援し、スタッフを信頼して預けているので、教育的配慮に欠けているような行動があれば、十分注意をして頂きたいのです。

スタッフを擁護するのであれば、親御さんから注意を受けるうちが華で、50を過ぎると誰も注意をしてくれなくなります。若いうちはたくさん叩かれ成長していかなければならない試練なのです。人を育てるための教育業なのですから、指導者もそれ以上に学び、反省し、前進しなければなりません。

月謝を頂いている立場の我々が言うのもお恥ずかしい限りですが、若い力は子ども達へたくさんの刺激を与える事ができます。至らぬ点も多々有ろうと思いますが、指導者育成の為にどうかご理解ご協力をお願い致します。



2022年12月22日

ありがたい事に

Filed under: ちょっといい話 — スキップ江原 @ 8:11 AM

口コミや、日頃のスタッフの熱心なレッスンの積み重ねなどで、各会場の問い合わせや申込みはもちろんの事、放課後等デイサービスや保育園・幼稚園からの契約希望の連絡が急に増えてきました。

不思議な事に、広告宣伝費を毎月使っていた頃は逆に引きが悪かったのですが、良い仕事をしていれば必ず良い噂が広まる。とスタッフ達に度ある毎に言い聞かせていった頃から、毎年この時期(年度始まりの準備期間)に連絡が来ます。

求人募集にしても会員募集にしても、広告宣伝費は正直高額で、なのに確実性は保証できないものです。CM(コマーシャルメッセージ)は認知されるまでの投資で、認知されればあとは手放しでも集客や反応が出るものだと考えています。

教育業は学年末に子ども達の出入りが激しくなります。我々も稼ぐ為の策を練る時期に突入しますが、今年よりも忙しくなる来年である事を願います。



2022年12月16日

将来への選択

Filed under: わからなカン — スキップ江原 @ 12:16 AM

文部科学省が公立の小中学校の通常の学級に通う児童生徒のうち、8.8%に発達障がいの可能性があるという調査結果を発表しました。35人クラスのうち3人が『読み』『書き』『計算』『対人関係』などに困難があるとみているそうです。

普通学級か支援級かの選択は子ども達には出来ません。いじめられたり勉強についていけず学校に行かなくなったりするよりは、元気に登校することの方が数倍も将来の選択肢が広がります。

最適な環境を見つけてあげて下さい。四六時中見てあげられないのであれば。



2022年12月3日

カメラが見る時代

Filed under: わからなカン — スキップ江原 @ 6:55 AM

医学 治安 宇宙 スポーツ 

カメラが見る時代

最終的判断はヒト



HTML convert time: 0.244 sec. Powered by WordPress ME