2018年11月20日

手に職?

Filed under: わらべ心・あそび心。 — スキップ江原 @ 7:03 AM

芸は身を助ける  と言う言葉がありますが、がらくた工房すきっぷ(道化師派遣)という業務をしているにもかかわらず何も出来ない私。

人間には何か取り柄がある!と思い、なんとなくの思いつきで夏から練習してきたのが 鉛筆画。

特徴がある静止画を時間をかけて描いている段階で公表するのも烏滸がましい(おこがましい)ですが、正面にいる人物を30分以内で描くことができたらデビューしようかな。



2018年11月15日

えっぱら からの挑戦状

Filed under: 保育・指導のツボ,子ども達との日々 — スキップ江原 @ 2:25 PM

大垣体育クラブにて

児童コースは縄跳びがブームになっています。前跳び・後ろ跳び・二重跳び など、得意な事が増えてきました。

そこで 『えっぱらからの挑戦状!!』

15分間で、全員で、8,000回!

いつものように名前が書いてある横に100回跳べたら丸を1つ。丸の合計が80個以上あれば 子ども達の勝ち。なければ えっぱら先生の勝ち。

13人中2人お休みで11人。1人平均750回であればクリアできるのだが、当然個人差もあり均等ではない。跳べる子はどんどん数を稼いで、得意ではない子はそれなりに力を出し切る。

15分の戦いが始まりました。

結果、思ったよりも多く跳べており、私の設定回数をはるかに上回る成績が出ました。

子ども達のエネルギーに完敗です。



2018年11月7日

アルティメット鬼ごっこ

Filed under: プレジャーアリーナ — スキップ江原 @ 6:43 PM

11月からスキップ本部・プレジャーアリーナで開講した 『パルクール スクール』。フランス軍隊が考案した移動術で、走る・跳ぶ・登る・降りる・転がる などを様々なロケーションでダイナミックに移動する種目です。ダイナミックですので側宙やバク転などの回転技などを織り交ぜる方もいますが、まだまだ先の話です。

西先生主導でレッスンが始められ、開始15分で子ども達はフラフラになるほどハードな全身運動です。

本日のメインは 『障害物鬼ごっこ』。アルティメット(究極)の 鬼ごっこ とも言うようで、アリーナ内にほぼ全ての備品を子ども達のセンスに任せて乱雑に置いていきます。跳び箱が裏返しになっていたり、長テーブルがひっくり返っていてもOK。

その状況で1対1の30秒鬼ごっこ。逃げ切れなければ勝てない。触らなければ勝てない。真剣勝負です。

逃げるだけではダメ。相手との駆け引きであり騙し合いです。

俊敏性・持久力・跳躍力・フェイントなどのセンス etc。ほとんどのスポーツに通用する素材がこの鬼ごっこには凝縮されています。

30秒は長い。逃げ切れたのは1名だけ。恥ずかしながら西先生は開始4秒で捕まっていました。

パルクール スクール 随時入会を受け付けています。



2018年11月6日

よこなが きしゃぽっぽ

Filed under: えっぱら推薦図書 — スキップ江原 @ 5:24 PM

よこなが きしゃぽっぽ ~おりたたみしかけえほん~

発行所  大日本絵画
作 Richard Scarry’s

仕掛け絵本も時代と共に進化を遂げ、開くごとに立体的に飛び出したり、穴は開いていたり、開き戸やスライドドアを実際に動かしてみたり、と、様々な仕掛けがある中、この本は最初は普通の絵本。ペラペラとめくっていきながら字を読んでいきます。途中に開き戸が出てきますが、いたって普通の絵本です。

駅から出発した機関車が線路をまっすぐ進んでいきますが、最後の最後に きしゃぽっぽ がとんでもない仕掛けを見せてくれます。

スキップ プレジャーアリーナに置いてありますので、是非ご覧下さい。



HTML convert time: 0.592 sec. Powered by WordPress ME