2008年12月7日

寿司 弥助

Filed under: わらべ心・あそび心。 — スキップ江原 @ 8:45 PM

ひょんな事から父とカミさんと1人で一宮まで買い物へ行くことに。その帰りにお寿司を食べに行こうということで、父お奨めの「寿司 弥助」で食事をすることになりました。

一宮は私の育った町。両親も飛騨から移り住み、料理人として修行をし、私たち兄弟を育ててくれたゆかりの町です。

「弥助」にはよく味と手さばきを盗みに来たようです。

弥助ココのこだわりはネタもさることながら、シャリとわさび。

シャリは酢炊きで、ネタに対し上品に可愛く食べやすい大きさに握られています。

 

 

弥助わさびも本わさびを使用。辛い中にも甘みかありました。

上品な雰囲気と上品な味に舌鼓をさせてもらいました。 何度も食べにきたという理由がわからなくもありません。

父の口から出た職人としてのポリシーはまた明日のブログで。  ご馳走様でした。



HTML convert time: 0.550 sec. Powered by WordPress ME