2008年12月10日

先生の表と裏

Filed under: 保育・指導のツボ — スキップ江原 @ 9:25 PM

すべての仕事に当てはまると思います。「表」と「裏」。

うどん屋さんを例に挙げると、表の顔はうどんを茹であげお客さんに提供する。お客は満足しお金を払い帰っていく。

しかし裏では、食材の調達やつゆ・麺の仕込みなど、客を満足させるために余念がない。

スキップインストラクターも「表」と「裏」があります。 会員様との個人レッスンや保育園レッスンで元気な子ども達に負けないくらいテンションをあげて取り組んでいます。しかし裏ではスタッフ1人1人が日々勉強や実技をしたり、会員の主訴についての討論やレッスン後の再確認、ミーティングでのスタッフ間の意志の疎通や講習会や勉強会の参加など、スタッフが個々にモチベーションをあげています。

1時間の「表」の中にそれ以上の「裏」を行っているインストラクターがスキップのインストラクターです。



HTML convert time: 0.586 sec. Powered by WordPress ME