2006年5月24日

教育と共に

Filed under: ちょっといい話 — スキップ江原 @ 4:58 PM

体育指導者として個人の会員様や保育園の現場に訪問することが毎日の業務ですが、特に保育園現場の場合は子ども達だけでなく先生方にも一緒になって参加してもらっています。

外部講師と契約している保育園・幼稚園は多いと思われますが、園の先生方ではなかなか教えれない部分を補う役割があります。それはリズムであったり、書道であったり、もちろん体育も。

今日も体育指導で保育園を訪問致しましたが、鉄棒の単元を子ども達はもちろんのこと、先生方にも挑戦して頂きました。

皆さん口をそろえて「逆上がり!?できなーい」「足音をたてずに前回りで降りる!?そんなの無理!」

それで結構なのです。できてしまったら我々の仕事がなくなります。じゃなくって、子ども達ができない(大半はやった事のない)事を一緒に共感して欲しいのです。

大人は過去の邪念や経験から、できるorできない。やりたいorやりたくない。を決めてしまいたがちです。

でも子ども達が挑戦しているのを「頑張れ頑張れー」。それでは子ども達はついては来ないでしょう。

先生も頑張っているという姿を見せることで、ひょっとしたらできる子ども達から「先生こうやってやるんだよ」というアドバイスがもらえるかもしれません。

タイトルにも書いた「教育」?は、なにも大人が子ども、先生が生徒に教えなくてもいいと思うのです。共に育(はぐく)む事が大事のように思うこの頃です。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment



HTML convert time: 0.516 sec. Powered by WordPress ME