2011年7月5日

心をつかむ

Filed under: がらくた工房 すきっぷ,保育・指導のツボ — スキップ江原 @ 11:51 PM

人の前に立つ者として、相手の心をつかむことはとても重要なことです。

例えばお笑い芸人。ネタをいくら時間をかけて考えたとしても相手が笑わなければ自己満足で終わってしまいます。

歴史に残る指導者や学者などは、相手の心をつかむ視線・身振り手振り・話し方・話すスピード・ひきつけ方など、相手の心をつかむ術を意識的・無意識的に身につけているそうです。

マジシャンも、何もないところから花を出すだけで観客を釘付けにするのも手法の1つですね。

体育レッスンスキップの業務として、体育レッスンでは子ども達に興味をそそる器具の配置やルールを設定し、わかりやすい言葉でレッスンを進める。その中で学ぶべきポイントを抑える。

やれ! いけ! 何でできないの? あーあ。 では子どものやる気は削げ落ちてしまいます。

 

快斗がらくた芸人は、子どもも大人も釘付けにする技術も当然ですが、オチやネタ・BGMなどは、公会場所や依頼内容を把握し、お客さんの反応を観察しながら進めています。

私達でもまだまだですが、心をつかむ事が私達の仕事であり、それをどのように伝えていくかが私達の挑戦であり皆様の期待でもあります。

心をつかむことは永遠のテーマですが、それに向けてスキップの若い力が毎日切磋琢磨しています。

成長させてくださり本当にありがとうございます。



HTML convert time: 0.558 sec. Powered by WordPress ME