2006年7月3日

時間の共有

Filed under: やらなカン — スキップ江原 @ 7:49 PM

子どもの起きている時間と大人の起きている時間は明らかに違います。

大人の24時間は早く感じますが、子どものそれは毎日が新しい情報がめまぐるしく飛び込んでくるので長く感じます。当然疲労もたまり睡眠が長い。

生活リズムまで崩しては成長に悪影響ですが、できるだけ関わりを持つように勤めることが大切です。

一緒にご飯。一緒にお風呂。一緒に宿題。そして一緒に遊ぶ。

寂しいかな、思春期になればどうせ子どもから離れていくのです。

今を一緒に生きてみては。



HTML convert time: 0.571 sec. Powered by WordPress ME