2014年7月20日

傷害事件から考える

Filed under: やらなカン — スキップ江原 @ 10:56 AM

ブラックな話題ですみません。

ここ10年、子ども達を狙う犯罪や加害者の低年齢化が目立つような気がします。

しかも犯行目的が身代金や恨みによる犯行ではなく、「誰でもよかった」「ただなんとなく」などのような曖昧な目的や衝動的な内容の供述を耳にします。

ほとんどの小中学校で昨日から夏休みになりました。たくさんの思い出を作ってほしいと願いますが、普段の生活パターンとは違い、毎日が自由な時間ともいえます。

加害者でも被害者でもあってはなりません。出かける前の行き先の告知や防犯対策・お子さんの衣服や身なりの変化や帰宅時間など、家族でしっかり話し合って楽しい夏休みにしてもらいたいと思います。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment



HTML convert time: 0.531 sec. Powered by WordPress ME