2014年7月2日

Filed under: ちょっといい話 — スキップ江原 @ 11:32 AM

先日、お笑い芸人が少年養護施設で特別授業をするという番組を見てなかなか感動をしました。

ナン ダン むずかしい かたにが

人間は 「苦難」「災難」「困難」「非難」 などの色々な「難」 があります。 それらが全部なければ 「無難」 になります。

しかし、人生で「無難」はありません。難があるからそれ以外の経験や体験が楽しくもあり、感動につながるのです。

無 を 有 にすると「有難」。

「ありがとう」 に変わります。

難しいことがあるからこそ、ありがとうの感謝の気持ちが生まれます。 漢字にはすべて意味がありました。

普段使っている言葉も漢字に書き覚えることが少なくなってきている今日、そのことに気付かせてくれたことに「有難う」です。

そして、今後も訪れる困難や苦難を「有難う」で跳ね飛ばせるような人生を送りましょう。



HTML convert time: 0.539 sec. Powered by WordPress ME