2008年6月29日

跳びつく

Filed under: プレジャートレーニング — スキップ江原 @ 11:13 PM

中川区・冨田教室にて。

野生動物の多くは生きるために「跳びつく」という行為を行なうと思います。

獲物を捕らえる為、向こう岸へ渡る為、時には追いやられた時の最後の手として、動物達は跳びつきます。

飛びつき自分と目的とする所への距離を目測で確かめ、後ろ足の跳躍で勢いよく跳びます。着地をする時は衝撃をやわらげる為に着手後に腕を曲げながら勢いを吸収します。

そんなことはわかっているものの、跳び箱から舞台へこの距離を跳びつくのは怖いよー。 でも跳びつかなければなりません。 レッスンですから。

人間は跳びつくという行為を治安の良さ(天敵がいないという意味で)から削除したのではないでしょうか。 ならばレッスンで高い所、同じ高さ、低い所、足場の悪い所など、色々な所に跳びついてみましょう。

ジャンプ力もそうですが、握力や腕力が身につきますよ。



HTML convert time: 0.656 sec. Powered by WordPress ME