2007年1月4日

箱根駅伝

Filed under: わらべ心・あそび心。 — スキップ江原 @ 10:45 PM

今年も箱根駅伝を見てしまった。ただ2日の往路は見逃してしまい、3日の復路のみであったが、今年も感動があった。

繰り上げスタートはいつ見ても泣けてしまう。カメラも絶対に時間内に襷(たすき)が渡らないと踏まえて、走者の表情を並走しながら撮影しているところがうまい。

繰り上げスタートした瞬間の何とも言いがたい表情。

今までつないできただけに無常にも中継所で取り残される襷。

アナウンサーの涙ながらの解説。

順天堂大学が総合優勝を飾った。関西大学はシード権の10位に入れず今年も11位。

それぞれの競争が終わり、それぞれの目標ができ、それぞれの道が今日から始まるのでしょう。

フジテレビ系列「とくダネ」で小倉さんが、駅伝というくらいだから駅から駅へと襷をつなぐ昔ながらの本来の姿に戻した方が面白いのではないか。

つまり、42.195Kmにこだわらず、各大会でそれぞれの距離があってもよいのではないかという文言。

私も賛成。でも実際は箱根以外の駅伝ではスポンサーや放映権の兼ね合いで、2時間強がテレビ局としての放送の限界であろう。

冬のスポーツはまだまだ続く。毎日が面白い。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment



HTML convert time: 0.781 sec. Powered by WordPress ME