2009年4月28日

商店街から学ぶコミュニケーション能力

Filed under: ちょっといい話 — スキップ江原 @ 11:59 PM

20年前は駅前にしかなかったデパートが、今では国道沿いや工場跡地・農地・空港跡にまでいたる所に建ち並ぶようになりました。

地域の人たちが賑わう商店街とは違い、安さや美味しい店などを出店させ遠方から客をひきつける。

商店街では「まける」「商談する」「話し合う」などが盛んに行われ、魚屋や八百屋などそれぞれ屋号を持った「専門店」が並んでいる。

デパート・モールではすべてがそこに集約しており、若い人をターゲットにおいて街作りが構成されている。

ここ最近、モール内にガレージや空きが目立つ気がします。 物珍しさにオープン当初は人でも多いが、新たに別地域にできると車で1時間かけてでもそちらに行くのが当たり前です。

便利になるが故の潰し合い。新しい物好きな人種だからが故の客の取りあい。

コミュニケーションが気薄になりつつある現代だからがこそ、商店街の「まいどあり」「サービスしとくよ」の文化が必要な気がします。



HTML convert time: 0.531 sec. Powered by WordPress ME