2018年11月15日

えっぱら からの挑戦状

Filed under: 保育・指導のツボ,子ども達との日々 — スキップ江原 @ 2:25 PM

大垣体育クラブにて

児童コースは縄跳びがブームになっています。前跳び・後ろ跳び・二重跳び など、得意な事が増えてきました。

そこで 『えっぱらからの挑戦状!!』

15分間で、全員で、8,000回!

いつものように名前が書いてある横に100回跳べたら丸を1つ。丸の合計が80個以上あれば 子ども達の勝ち。なければ えっぱら先生の勝ち。

13人中2人お休みで11人。1人平均750回であればクリアできるのだが、当然個人差もあり均等ではない。跳べる子はどんどん数を稼いで、得意ではない子はそれなりに力を出し切る。

15分の戦いが始まりました。

結果、思ったよりも多く跳べており、私の設定回数をはるかに上回る成績が出ました。

子ども達のエネルギーに完敗です。



2018年10月1日

子どもの声の力

Filed under: 子ども達との日々 — スキップ江原 @ 7:54 AM

我が家のすぐ隣のゲートボール場が子ども達の集合場所で、毎朝元気な声が聞こえます。壁越しに声をかけると「えっぱら先生、今日は5時間授業」「昨日◯◯に行った」など、声をかけてくれます。

今朝は台風24号(チャーミー)通過後の庭の掃除をしながら塀越しにのぞいたら、ちょっと行きたがらなさそうな男の子がお母さんと集合場所へ。

「行ってらっしゃい」と手を振ってもシブシブ手を振り返してくれましたが、子ども達の「行くよ〜」に心を切り替えて出発して行きました。

台風明け、休み明け。子どもの心に何かがあったのだろうが、親ではなく、たまたま近所に住んでいる保育園時代の体育の先生でもなく、子ども達が強く背中を押してくれる魔法の言葉があるのですね。



2018年7月26日

3度目の福島出張

Filed under: 子ども達との日々 — スキップ江原 @ 6:48 PM

この度もご縁があり、福島県福島市で活動している放課後等デイサービス『ミライムキッズアカデミー』へ3日間滞在し運動療育の座学と実技の講師を務めてまいりました。

1年半前に初めて訪問した時は運営前で、教室はあれど子どもはおらず、スタッフの方々に対して3日間の講習を行ったのですが、半年後に2施設、今回は4施設まで成長し、当然スタッフの方々もみるみる増えていました。

夏休みに入り子ども達は朝から施設を利用するにで、1日しっかりあそび倒しました。

中日の午前は新人スタッフの方々に対する座学を行いました。みんな熱心にペンを走らせ頑張って勉強をしてくれました。

あっという間の3日間でしたが、私も改めて勉強させていただきました。

次に来る時は更に施設と人数が多くなっているのでしょうね。

福島の方。ミライムキッズアカデミーは間違いなくお子さんを幸せにしますよ。



2018年5月9日

休日の過ごし方

Filed under: 子ども達との日々 — スキップ江原 @ 4:08 PM

達也先生の アリーナ プレジャートレーニング クラブ 幼児コースにて。

達也  「ゴールデンウィーク どっか行った?」

Ⅰ君  「歯医者さん!」

Hちゃん  「私は7月にお出かけするの。」

達也  「どこに行くの?」

Hちゃん  「スーパーボールすくい。」

事務所でレッスン前に壁越しに聞いていたこの会話をクスクス笑いながら綴ってみました。

子ども達は素直で面白い。



2018年1月31日

アンビリーバボ!

Filed under: 子ども達との日々 — スキップ江原 @ 11:23 PM

放課後等デイサービスにて。

集中力とに忍耐力、そして99%の運。

5753E278-1FA6-48F9-8CCC-58162678B5B53割程の水を入れたペットボトルを投げて、立てばOK!垂直に落としても立ちません。かといって普通に投げても立ちません。みんなイライラしながら投げています。性格が浮き彫りになるレッスンです。

中にはいるんです。どうせ立たないからといってメッチャクチャ上に投げるヤツ。そういうヤツに限って・・・。

91DE5634-92D6-4F63-8A35-C8B0F17F6286

天才はすぐそこにいる。

 



2017年12月17日

無限戦

Filed under: 子ども達との日々 — スキップ江原 @ 9:25 AM

2週前の土曜日のアリーナ個人レッスンで、ラストの会員様と約束した対局が実現。

その名も『無限戦』

えっぱら九段 対 大前六段 の将棋対決

D282D524-DCA1-4B6F-A674-092664E0BB8D

えっぱら九段は別業務の現場帰り、大前六段はラストのアリーナレッスン後に正装に着替えて準備万端。ちなみに六段は将棋を始めて三ヶ月にもかかわらず六段に昇級の実力者。

手を抜こうとも思いましたがそれも失礼なので真剣勝負。

序盤は互いに一歩も譲らぬ局面。

中盤から 六段の必殺技『時間戻し』や『オーディエンス』などがあり、いつしか 一対三 となっていましたが、 二時間の攻防の末、封じ手で次回持ち越し。

E9239EB3-7D05-4940-BB04-7399AAC0DB13

個人レッスンとは違う辛抱強さが随所に見る事ができました。

続きは年明け。楽しみです。



2017年12月7日

再び福島へ

Filed under: 子ども達との日々 — スキップ江原 @ 8:43 PM

今年5月にオープンした福島市にある放課後デイサービス『ミライムキッズアカデミー』より依頼があり2度目の訪問となりました。

5C5F14B9-B432-4142-B20A-05BDB4F04397

前回はオープン前の4月末に訪れ、スタッフも5人  子どももいない  という状況で、研修と体験訪問のお子さんへの運動療育を3日間行ったのですが、半年が経ち、事業所も2箇所となり、スタッフも倍以上の急成長を遂げていました。

今回の訪問も3日間。

教えたい事、学んでほしい事、それより何より子ども達に会える事が楽しみでした。

DAE61012-0F07-4EAC-A602-26A6B5ED2736  4B2E2201-96BC-4FAF-980C-7543F69C711C

この3日間のテーマは『指導者としての子ども達の引きつけ方』。

子どもは素直です。興味があるものには何時間でも食らいつき、興味のないものには見向きもしません。

それは人も一緒で、好かれる 好かれないは様々。誰も寄り付かなかったら致命傷です。

如何に好感度を上げるか?  如何に面白そうなあそびを提供できるか?  如何に気を引きつけさせるか?

教えるよりも招き入れる。を十分学んで頂きました。

また、この3日間でコマ回しに挑戦して頂き、最終日にはコマの見本を見せ、巻き方・投げ方 を教える。という最大のミッションを行ってもらいました。

D47D0561-97C8-42EA-8BD0-3B5120651B7F 5212A69A-DAB2-4246-8C07-088D09FF63B7

始めてコマに挑戦をした。という方も少なくなく、中にはマメを潰した人もいましたが、そのおかげで最終日のセッションは子ども達全員が1時間もコマに集中し、飽きの早い子も最後まで頑張り、中には小さい皿の上でコマが回った子もおり、私の想像以上に大フィーバーでした。

E703D6B0-A3D5-48F2-9905-4D8E5BA4A327

運動療育で子ども達の開花は計り知れません。大人が狂えば子どもも負けずと精一杯やります。

そんな姿がたくさんあったミライムでした。

岡部さんをはじめスタッフの方々には大変お世話になりました。

 



2017年10月10日

週末の雨は勘弁して

Filed under: 子ども達との日々 — スキップ江原 @ 3:39 PM

この3連休も土曜日の雨のおかげで、契約園の運動会が順延となったり午後から開催になったりと、スタッフ達は天気に振り回されています。

1人のスタッフが毎曜日の午前に保育園・幼稚園レッスンを行っているため、年間計画ですでに同日開催が避けられない日もあり、1日に2~3園を走り回るこの時期ですが、順延日が当初予定されている他園の開催日である場合は、残念ながら出向が不可能です。

この週末も雨の予想。順延の順延もありえそうで心と体が休まりません。

地球規模で起床が不安定な昨今。開催時期を真剣に検討することも来年度の課題です。

子ども達の笑顔のために、家族のふれあいのために、何とか週末は快晴になってほしいものです。



2017年9月26日

いよいよ大詰め

Filed under: 子ども達との日々 — スキップ江原 @ 6:21 PM

スタッフ達にとってこの時期が一年で一番胃が痛い時です。

『運動会』

夏休み中に組立体操などのプランを練り、炎天下の中で極力端的に園児たちに覚え込ませ、当日は雑用係・スタートのピストル・ライン描き・組立体操の指揮・場合によっては入退場の引率や司会進行まで。

平日に雨が降ると練習が滞る為、週末は延期を避けたいため、毎日のように天気図とにらめっこをしています。

今週末の土曜日から怒涛の運動会ラッシュが始まり、土日出勤のハードスケジュールです。

スタッフ諸君。毎日の業務大変ご苦労様。運動会が終わったらゆっくり風邪をひいてくれたまえ。



2017年6月7日

勇気の先の快楽

Filed under: 子ども達との日々 — スキップ江原 @ 10:52 PM

放課後等デイサービスでの運動療育レッスンにて
エアトランポリンを利用してすべり台を作って見ました。

image1 image2

吊り金フックが天井に施してあるので、エアトランポリンに付いている固定用のフックとロープで繋い傾斜をつけました。

指示が通りにくい子ども達にも約束は2つ。「前の子を触らない」「滑るのは一度に2人まで」

脚立と縄ばしごを登って、不安定なすべり台まで渡らないとすべることはできません。

考えて 勇気を出せば その先には楽しい事が待っている。リスクの高いあそびですので大人がいないといけませんが、何度も繰り返し遊んでいました。



次ページへ »

HTML convert time: 0.662 sec. Powered by WordPress ME