2021年1月30日

交差の概念

Filed under: 保育・指導のツボ — スキップ江原 @ 5:57 PM

縄跳びの前跳びがリズム良くできる様になると、後ろ跳びや交差跳びという壁にぶち当たります。

そこで、交差跳び・綾跳び。文字通り手を左右交差して手首で縄を回し、更に元に戻すという、子どもには超荒技。

こんな技を考えた奴を恨みます。

まず、交差の概念を身に付けさせるために片手もしくは両手でロープを持って、正→逆の様に腕を交互にしながら回し続け、交差跳びのイメージを体で覚えこませます。

しかしながら、前跳びができる子でも交差するとロープが首や身体に巻きついたり、変な波長で制御不能となってしまうので、体外の子どもは・・・、

こうなってしまいます。これが縄跳びの壁の恐ろしさ。せっかく好きになった縄跳びもこれでは台無し。でも根気良く頑張ればいつかはできるようになります。

交差の概念が宿れば、野球の逆ハンドでのキャッチやラケットスポーツが研ぎ澄まされます。

子ども達!! お家時間を利用してガンバレ~!!!

※会員様の許可を得て顔出しでお贈り致しました。ふて腐った顔が最高!!



HTML convert time: 1.236 sec. Powered by WordPress ME