2012年6月7日

上島立兵から学ぶ

Filed under: 保育・指導のツボ — スキップ江原 @ 2:59 AM

先生や親の魅力を引き立たせる。やらせるのではなくやる。

折り紙をさせたければ、「やりなさい!」 ではなく 自らやってみる。

「私もやる。」「じゃあボクも。」「なら私も。」「俺も。」・・・「だったらウチも。」  どうぞ どうぞ。

みんなを誘い出せば苦手意識がある子や興味のない子までついてくる。そんな環境を作っていく。 そんなレッスンや保育だとストレスは貯まらない。

興味を持たせて、後は本人がスイッチを押すのをジッと待つ。

頑張れ保育士。頑張れお父さんお母さん。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment



HTML convert time: 0.977 sec. Powered by WordPress ME