2008年1月20日

「教える」 のではなく 「教わる」

Filed under: 保育・指導のツボ — スキップ江原 @ 4:53 PM

スタッフらにもよく言う言葉で、私自身もよく言われる言葉なのですが、子どもにある事をさせたいのならば、教えたってダメ。導きなさい。と。

教えるためにはそれなりの知識が必要。しかし、知識がないと誤った事を教える可能性すらある。

縄跳びをさせたい時に「縄跳びをやろう」などと誘わなくても、お父さんやお母さんが楽しそうに縄跳びをしていれば、子どもも一緒になってやるものである。(ある時期を越えたら効力は薄れていくが・・・。)

「やりなさい」「しなさい」は大人も子どももやる気をなくす言葉である。

太陽と北風」のように押してばかりでは逃げていきますよ。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment



HTML convert time: 0.527 sec. Powered by WordPress ME