2018年10月8日

運動会真っ只中!!

Filed under: 保育園・幼稚園にて — スキップ江原 @ 10:51 AM

小学校の運動会が9月中旬から下旬に開催され、10月からは幼稚園・保育園の運動会に突入。というのが私達幼児体育指導者のイメージです。

私以下、スタッフたちは契約園の運動会プログラムをお盆前からプランニングし、現場で修正をしながら毎週子ども達と練習をし、本番を迎えます。故に、夏休み前からかなり気が張っていました。

酷暑と台風の接近が多かったせいもあり、外での練習もままならず通し練習も1回のみというケースも多々あります。

当然本番当日の悪天候による延期。振替日程が次週予定の園とブッキングという事も当たり前のようにおきます。そのたびにプログラムの調整を園にお願いし、当日は西へ東へと園をハシゴしながらお手伝いをするといった状況。過去に1日4園という年もありました。

子ども達の練習の成果・成長に立ち会える素晴らしい仕事をしていると自信を持って断言できます。

 

スタッフ達は本当に良くやっています。全部の運動会が終わってから気が抜けて風邪をひく。というパターンも例年同様です。



2018年6月10日

大垣市立すもと保育園 親子体操

Filed under: 保育園・幼稚園にて — スキップ江原 @ 11:32 AM

梅雨の中休み。昨年に引き続き大垣市立すもと保育園にて親子体操を行ってきました。

土曜日とあってお父さんの参加が多く、育児の熱量が多く感じられました。

今年は子ども達に『お父さんはスゴイ!』というところを見てもらいたく、鉄棒の逆上がりをみんなの前で挑戦してもらいました。

誇らしいお父さん、あと少しのお父さん、様々でしたが、子ども達はどうとらえたでしょうか?

日曜日は筋肉痛を癒してくださいね。

 



2018年5月22日

後傾姿勢

Filed under: 保育園・幼稚園にて — スキップ江原 @ 11:09 PM

保育園レッスンで、固定遊具を利用したアイデアを教えてほしい。というリクエストから、ジャングルジムを使って一工夫してみました。

倉庫にあるすべり台や平均台をジャングルジムに固定してロープを使って登ってもらいました。

坂を登ろうとすると前傾になりがちですが、ロープを使った坂道登りは後傾にならないと登る事はできません。

ロープを手繰りながらも足の裏で坂を押さえつけながら坂に対して垂直に起立し、重心をロープと坂で支えます。

体の使い方と道具の使い方が上手に使いこなせる事で成せる技です。

危険と思うか経験と思うかは園風にもよりますが、ぜひ経験させてほしいと思います。



2018年2月24日

目指せ 北京!

Filed under: 保育園・幼稚園にて — スキップ江原 @ 10:47 AM

平昌オリンピックではいくつもの感動・涙・歓喜・ドラマがありました。そんなスポーツの祭典に国民は釘付けになり、限られた代表の座を獲得し日の丸を背負った選手達は最高のパフォーマンスをしてくれました。

次は4年後。開催地は北京。夏のオリンピック開催地が冬も開催するのは近代オリンピック史上初。その4年後に向けて保育園では今から特訓です。

 

まずは『リュージュ』

094C45C8-111E-4CEB-9635-7CEE54732D42

ソリに飛ばされないようにしっかりつかまって体重移動。

 

そして『スケルトン』

8442AE21-DEB4-4A4C-9074-A6B5D08779F7

うつ伏せでの体感スピードはF1以上。

 

そしてみんなでレース開始!

EB277ACB-2872-4F09-AE5D-82ED141F4539

コーナリングでしっかりバンクを決めて前のソリを抜く事ができるか?(そういう競技じゃないんですけどね)

園児の中から代表に選ばれる逸材は生まれるかな?  年齢規定でまだまだ先でしょうね。



2017年10月17日

全てはゲーム感覚

Filed under: プレジャートレーニング,保育園・幼稚園にて — スキップ江原 @ 6:33 PM

保育園レッスンにて

前編のブログ で「楽しいけど疲れる』と言わせた体育レッスンがこれ。

image1

玉入れを行い、入れば後ろにあるアトラクションに挑戦できる。

マットスロープ⇒セフティーマット渡り⇒ウレタンマットジャンプ⇒トランポリン10回ジャンプ⇒玉入れ。このエンドレスである。

玉を『拾う』 = 『疲労』につながり、足腰に相当な疲れを与える(大人の場合)

さらにマットの坂道、セフティーマット渡り、トランポリンジャンプ など、全て足に負担がかかる過酷トレーニングである(大人の場合)

子ども達は汗を流しながら30分のレッスンのほとんどをこの単純なサーキットで大満足していた。これを大人が行うとせいぜい5分でギブアップだろう(運動していない大人の場合)

楽しさが、単純かつ大胆なあそびをいつまででも持続させる。

全てはゲーム感覚で体は育ちます。



2017年9月23日

CAよりもハードなのよ!

Filed under: 保育園・幼稚園にて — スキップ江原 @ 11:02 PM

現場の園長先生とレッスン後にこんな話になりました。

「えっぱら先生、私は客室乗務員になりたいわ。乗客の点呼をし、機内に座らせ、食事や飲み物などの配膳をし、無事に目的地までお客様をお連れする。英語は話せないけどね。」

保育園・幼稚園を1つの飛行機に見立てたとき、子どもの安全に配慮をし、歌やお遊戯を教え、食事の準備をし、個々の発育記録をつづり、さらにはトイレの世話までし、無事に親元に引き渡す。時には早朝保育や遅お迎えなどの時間外対応も笑顔で引き受け、さらにはアホなクレームに対してもほとんど手前どものせいにして保護者に納得をしてもらう。

なのに、CAよりも比べ物にならないくらい給料が安い。

命のリスクの違いというが、0.1.2歳のほうが預かる側としては遥かにハイリスクである。

未来を背負っていく子ども達のために、せめてあと10万円の給料アップができないものか?

お役所の先生方。今のままでは本当に保育士はいなくなりますよ。



2017年4月7日

挨拶廻り

Filed under: 保育園・幼稚園にて — スキップ江原 @ 10:35 PM

今週1週間は新規契約の会場、引き続きお世話になる会場への挨拶廻りの行脚でした。

スタッフの評価も高く、お褒めの言葉を頂く一方、更なる期待と激励も頂戴し、必要とされている事への感謝を十分感じました。

幼稚園・保育園では運動会の内容や一年間の目標を伺い、放課後等デイサービスでは事業所の特色や思いを聞くことができ、スタッフ達にはやる気と期待を込めて伝え、全力サポートするように指示をしました。

事情により3月末で契約終了となった団体への挨拶廻りも来週させて頂きますが、今まで成長させて頂けた事に感謝感謝です。

新年度が始まりました。スタッフ共々成長させて頂きますので2017年のスキップを今後も宜しくお願い致します。



2017年3月6日

ゆめだけど ゆめじゃなかった

Filed under: 保育園・幼稚園にて — スキップ江原 @ 4:40 PM

体育レッスンでお邪魔している幼稚園が、1年がかりで製作した 夢の国。

夢だけど夢じゃなかった!

P1340661
大きく開いたトトロのトンネルの先には・・・、

P1340662

P1340663
巨大なクモ君がお出迎え。

P1340664
トトロのお腹は靴を脱いでおあがり下さい。

P1340665
さつきとめいの家へようこそ

P1340666

P1340667
いたるところにトトロが・・・。

P1340668

P1340669
バス停で待っていると ネコバスが登場。

P1340670

P1340671

遊戯室全体がおとぎの国になっていました。これはかなりの感動。何時間でも居ていられます。

園児達もご苦労様。先生方もご苦労様でした。



2016年11月22日

円形ドッジ

Filed under: 保育園・幼稚園にて — スキップ江原 @ 9:02 PM

保育園レッスンでドッジボールを行いました。

年中・4歳児に教えたのは円形ドッジ。外のお友達は中のお友達を当てる。中のお友達は当たらないように逃げる。もしくは飛んできたボールをキャッチする。なかなか狙っても思い通りに当てられないのがこの学齢の面白いところでもあります。

今日は朝方降った雨も上がりとても穏やかな日でした。園庭がちょっと濡れてはいましたが子どもたちは元気いっぱい。

ドッジボールのサークルをどのように描こうかと考えていたところ、イチョウの葉っぱであそんでいた園児からヒントを頂きました。

image1

「先生が描いた線の上にみんなで黄色い葉っぱを並べてください。」

子ども達は両手いっぱいのイチョウの落ち葉をたくさん運んでくれたのでアッという間に円形ドッジの会場が出来上がりました。

image2

上手にお友達に当てることができるかな? 飛んできたボールをキャッチすることができるかな?



2016年6月28日

まさにVS嵐

Filed under: 保育園・幼稚園にて — スキップ江原 @ 7:36 PM

今日はあいにくの雨。 プールレッスンの予定でしたが遊戯室にて運動あそびとなりました。

上手に並ぶことも大事ですが、空いている場所があれば他児に迷惑をかけないようにドンドン行うように指示をしています。

今日のテーマは 『VS嵐』。

鉄棒と跳び箱の上に折り畳み式のセフティーマットをかぶせ、この壁を乗り越えろ!!

P1330834

全体が柔らかく重みもあるのでマットが倒れる心配が少なく、助走をつけて激突する子にも安全。

さー巨大な壁を登り切ることができるか!!??



次ページへ »

HTML convert time: 0.695 sec. Powered by WordPress ME