2017年5月19日

アットすまいる

Filed under: ちょっといい話 — スキップ江原 @ 11:03 PM

京都にある放課後等デイサービスより 「2号店開設につきスタッフ研修をして欲しい」 と連絡を受け、訪問をしてまいりました。

アットすまいる  http://kmcp.info/

image1
2号店は運動療育に特化する予定のようで、1日でしたが朝から夕方までしっかり遊びを教えてまいりました。

新幹線で40分。時間的には通えなくはないのですが、スタッフも私も業務が過密なのと交通費の負担を考えると、スポット的なサポートとなりますが、明るく元気な支援員さんがいるので2号店も直ぐに子ども達でいっぱいになるのでは?と思います。



2017年4月27日

ミライム キッズアカデミー

Filed under: ちょっといい話 — スキップ江原 @ 3:45 PM

福島県福島市で5月1日開所の ミライム キッズアカデミー に立ち上げ前のスタッフ研修及び療育相談の為、3日間講師を勤めてまいりました。

DSC_0138

DSC_0129  DSC_0132 DSC_0133 DSC_0135 DSC_0136 DSC_0137

運動療育もさることながら英会話ができるスタッフが2人もいるため、日本初『英会話療育』デイサービスが福島県から誕生しそうです。

5月4日(祝)にはミライムキッズアカデミー主催の講演会も開催されます。

今後福島から目が離せません。

詳しくはこちら → http://www.miraimu.jp

 



2017年4月26日

特技を生かす

Filed under: ちょっといい話 — スキップ江原 @ 11:29 PM

自分の特技を改めて書き出してみよう。

私の特技は『人を笑わせる事』。小学生の頃は牛乳を飲む女子に対して変顔をして、よく吹き出させていました。当然自分の顔にも吹きかかります。そんなセンスが功を奏してか? 今の仕事にかなり役立っています。

出張で訪問している放課後等デイサービスで1人のお子さんに療育相談をしたところ、お母様曰く「学校に行けていない。恐竜図鑑は飽きずに見ている程、恐竜が好きだが友達に認められない。」との事。

お母様に「恐竜好きは絶対にやめさせないで下さい。本人の進む道が無くなります。むしろ恐竜好きが高じて考古学を学びたくなるかもしれません。そうなれば数学・英語を自ら学びだすかもしれません。」とお伝えしました。

ラッキーな事に、5月から新規立ち上げを目指しているこのデイサービスには英語に堪能な指導員の方が2人もおり、スキップがなし得なかった『All ENGLISH day』も可能では?とアドバイスをしました。

子どもにとっても夢をつかめるチャンス。スタッフも自身の得意技を生かしきれる。他には真似のできない特化したプログラム。

特技を活かしきる。皆さんは職場や学校で発揮できていますか?



2017年3月30日

心に残るサービス

Filed under: ちょっといい話 — スキップ江原 @ 5:57 PM

移動中に郵便物を投函するために初めて寄ったショッピングセンターで、清掃作業員の方に郵便ポストの場所を尋ねました。

「北出口の隣です。」のような答えが返ってくると思ったら、「このワゴンを置いてきたら案内しますのでちょっとお待ちください。」と。

1分程待つと「お待たせしました」と声をかけられてサービスカウンターまで案内されました。

「あそこにポストがあるのが見えますか?」と言われ、無事投函することができましたが、仕事を止めてでもわざわざハガキ1枚投函する客のために道案内をするそのサービスに感動しました。

言葉で説明すればわかってもらえる。と思うのは説明した側の意見であり、尋ねた側は理解していないかもしれません。

教育でも同じことで、教えたつもりでも子どもは解っていないことが多々あり、その度にイライラしている先生をよく目にします。

教えるのであるのであれば、大人も子どもも納得いくまで付き合ってあげる。これが心に残るサービスだと気付かされた出来事でした。



2017年3月27日

無病即死

Filed under: ちょっといい話 — スキップ江原 @ 11:01 PM

健康をテーマとしたテレビ番組で、元気なお年寄りが「よく食べ・よく遊び・よく歩き・よく寝て・よく笑う。」と語っていました。

そんな人達だから我が子やお嫁さんのお世話になりたくない。ピンピンコロリで旅立ちたい。とも言っていました。

病気はせず逝くときは安らかに。

なかなか望んでもできないことでしょうが、いざという時のために終活をしておかないといけないのでしょうね。



2017年3月20日

やはり、人が決め手。

Filed under: ちょっといい話 — スキップ江原 @ 2:25 PM

先日、同日に2人の人に「最終的には “人” だよ」と言う話になりました。

宛もなくアウトレットや百貨店に足を運び、欲しいものを物色するとしましょう。これが欲しいと思ってもちょっと高い。「限定品ですよ。」「昨日入荷なんですが現品限りなんです。」などと店員は上手に話をしてきます。最終的には本人が決断するのでしょうが、店員の接し方や対応・一生懸命さに二度と会う人ではないものの購入まで踏み込めるというのは、店員の人となりだと思います。

我々も同様で、物を売る商売ではないだけに特にスタッフの個々の性格や対応・人となり が重要です。

常にみられる意識、常に情報発信できるアンテナの高さ、笑顔、厳しさ、自分磨き、サービス精神 が人を吸着させると思います。

何気にできる人もいますが、意識しながら失敗を繰り返し獲得すればいいんです。

人となり が決め手ですよ。



2017年3月16日

畑を耕す

Filed under: ちょっといい話 — スキップ江原 @ 10:37 PM

先日のブログに、保育園時代に私のレッスンを受けたお子さんの親御さんからコメントを頂きました。

コメントは、保育園レッスンで体育やサッカーを学び、学生時代に全国大会に出場するまでに成長しました。との内容でした。

そのコメントを見た現役の小学校教諭で元スキップ インストラクターの青年から電話がありました。

「スキップはアスリート養成機関ではなく、運動の基礎をあそびを通じて学ばせる塾なのに、結果として優秀選手が育っている。スキップの取り組みに改めて尊敬します。」

子どもの未来はむしろ私達の手から離れてから育っていきます。私達は子ども達に運動の基礎を鍛え、体を使ったあそびの楽しさを教える。要するに運動の畑を耕す事が使命なのです。

どのような種を植え、どのように成長し、どんな花を咲かせるか?  それはその子とその子を取り巻く様々な環境が育てていくのでしょう。

運動の基礎作りは引き続き行っていきます。私達は最高の裏方で有りたいと思います。

 

 



2017年2月1日

ステーキ・割烹 一真(いっしん)

Filed under: ちょっといい話 — スキップ江原 @ 11:04 PM

今月16日は私達の9回目の結婚記念日。というわけでちょっと早い記念ディナーを楽しんできました。

大垣市にある  ステーキ・割烹『一真』  http://steakissin.favy.jp

image1_7

こじんまりとしたお店は鉄板を囲む15席程。

image3_3

日本料理屋で修行をしたという若いご主人のこだわりで、ステーキ屋には珍しく鮮魚を扱っているところが割烹の由縁。

image2_4 image1_8 image2_5 image3_4 image4_1

隠れ家的なお店は口コミですぐに満席になりそうです。お得なランチも行っており、月曜定休日でも予約さえすれば営業してしまうそうで、今年になってから1日しか完全定休していないそうです。

良い記念日となりました。ご馳走さまでした。



2017年1月22日

忘れないで

Filed under: ちょっといい話 — スキップ江原 @ 9:09 PM

アメリカのコメディアン 故ジョージ・カーリン氏の名言が心を打ちました。

 

….The paradox of our time in history is that
歴史の中で、私たちが今いる時代の矛盾。それは、

we have taller buildings but shorter tempers,
ビルは高くなったけれど 人の気は短くなり、

wider Freeways, but narrower viewpoints.
高速道路は広くなったけれど 視野は狭くなったこと。

We spend more, but have less,
お金をたくさん使っているけれど 得るものは少なく、

we buy more, but enjoy less.
多くの物を買っているけれど 楽しみは少なくなった。

We have bigger houses and smaller families,
大きな家を持っているが 家庭は小さくなり、

more conveniences, but less time.
より便利になったけれど 時間は少なくなった。

We have more degrees but less sense,
多くの学位を持ってはいるが 知恵は少なくなり、

more knowledge, but less judgment,
多くの知識を持ってはいるが 判断することは少なく、

more experts, yet more problems,
多くの専門家がいるが 未だ多くの問題が残っており、

more medicine, but less wellness.
多くの薬があるが 元気な者は減った。

We drink too much, smoke too much, spend too recklessly,
我々は 飲み過ぎ、吸い過ぎ、浪費し過ぎるが、

laugh too little, drive too fast, get too angry,
笑顔は少なくなり、スピードは出し過ぎるし、よく怒る。

stay up too late, get up to tired,
夜更かしをするため、目覚めた時にはすでに疲れており、

read too little, watch TV too much, and pray too seldom.
本を読まなくなり TVばかり観て、そして祈ることは滅多にしない。

We have multiplied our possessions, but reduced our values.
我々は多くの物を所有しているが、我々の価値は減った。

We talk too much, love too seldom, and hate too often.
たくさん喋りすぎるが 愛することは滅多にせず、たびたび人を憎む。

We’ve learned how to make a living, but not a life.
我々は どのように生計を立てていくかは学んだが、人生については学んでいない。

We’ve added years to life not life to years.
長生きをするようにはなったが 今を生きてはいない。

We’ve been all the way to the moon and back, but have trouble crossing the street to meet a new neighbor.
月まで行って帰って来れるようになったというのに、 道で新しい隣人に会ったら トラブルばかり。

We conquered outer space but not inner space.
我々は 外世界を征服したけれど、内世界は違う。

We’ve done larger things,but not better things.
大きな事を成してきたけれど、それ(大きな事)=良い事 ではない。

We’ve cleaned up the air, but polluted the soul.
空気を綺麗にしてきたけれど、魂は汚染された。

We’ve conquered the atom, but not our prejudice.
原子力さえも支配下にいれたが、偏見(差別)は無くならない。

We write more, but learn less.
多くを書いてはいるが、学びは少ない。

We plan more, but accomplish less.
計画は多く立てるが、 成し遂げたことは少ない。

We’ve learned to rush, but not to wait.
急ぐことは学んだが、待つことは学んでいない。

We build more computers to hold more information, to produce more copies than ever, but we communicate less and less.
多くの情報を取り扱うためにコンピュータを作り、多くのコピーを生産したが、我々のコミュニケーションはどんどんと少なくなっていく。

These are the times of fast foods and slow digestion,
ファーストフードだが 消化は遅く、

big men and small character,
身体は大きいが 人格は小さく、

steep profits and shallow relationships.
利益を追い求めるが 人間関係は浅い。

These are the days of two incomes but more divorce,
共働きで稼ぐが 離婚は増え、

fancier houses, but broken homes.
派手な家だが、家庭は崩壊している。

These are days of quick trips, disposable diapers, throw away morality,
手軽な旅行に、使い捨て紙おむつ、モラルは捨て去られ

one night stands, overweight bodies, and pills that do everything from cheer, to quiet, to kill.
ワンナイトラブが売られ、太り過ぎの身体、そして死に急ぐための薬を多用する。

It is a time when there is much in the showroom window and nothing in the stockroom.
ショールームの窓ガラスには物が溢れるが、倉庫には何も無い。

A time when technology can bring this letter to you, and a time when you can choose either to share this insight, or to just hit delete…
テクノロジーは貴方の元へ手紙を届けてくれるが、 それを読むも読まないも、消しさるのも、ただキーを打つだけ。

Remember; spend some time with your loved ones, because they are not going to be around forever.
忘れないで! 愛する人と多くの時を過ごすことを。 何故なら それらは永遠に続くものではないのだから。

Remember, say a kind word to someone who looks up to you in awe, because that little person soon will grow up and leave your side.
忘れないで! 貴方を敬ってくれる人に対し、優しい言葉を掛けてあげることを。 何故なら、彼らはすぐに成長し 貴方の元を去っていくのだから。

Remember, to give a warm hug to the one next to you, because that is the only treasure you can give with your heart and it doesn’t cost a cent.
忘れないで! 貴方の側にいる人に 温かいハグをしてあげることを。 何故なら、これが貴方が心に持てる唯一の宝だし、これをする為のコストは1セントも掛からないのだから。

Remember, to say, “I love you” to your partner and your loved ones, but most of all mean it.
忘れないで! 貴方のパートナー そして 愛する人に、心を込めて「愛してる」と伝えることを。

A kiss and an embrace will mend hurt when it comes from deep inside of you.
キスと抱擁は、傷ついた心を 内深くから癒してくれるから。

Remember to hold hands and cherish the moment for someday that person will not be there again.
忘れないで! 相手の手を握ること そして いつかの大切な瞬間を。その人は貴方の前に二度と現れない。

Give time to love, give time to speak! And give time to share the precious thoughts in your mind.
愛するための、話しあうための、そして 貴方の心の中の思いを共有するための 時間を作って。

AND ALWAYS REMEMBER:
Life is not measured by the number of breaths we take, but by the moments that take our breath away..
そして、常に忘れないで!
「人生」とは呼吸の回数ではなく、どれだけ息を呑む(ハッとする)瞬間があったかで決まるということを。

 

参考文献:HOT NEWS



2017年1月14日

エール

Filed under: ちょっといい話 — スキップ江原 @ 7:01 AM

毎年のように雪のセンター試験(のように感じる)。

翌日の新聞に掲載される出題を見ても全く手がでない問題も多く、国語や英語はやたらと文が多く読むことさえ気が遠くなりそう。

そんな試験を10代20代の若者達が戦う2日間。

よりによって大寒波到来の予報ですが、受験生、頑張れ。



次ページへ »

HTML convert time: 0.455 sec. Powered by WordPress ME