2019年5月1日

平成から令和へ

Filed under: ちょっといい話 — スキップ江原 @ 9:05 AM

新時代も引き続き宜しくお願い致します。

「平成は災害の多い時代」と言われますが、昔は天変地異や戦さ・トップの都合などでコロコロと元号が変わっていたので、一括りで総評するのはどうかと思いますが、この30年で近代化が急加速し、生活様式は激変した平和な時代だったのではないでしょうか。

令和も地震・噴火・豪雨・熱波などは、私達が地球で生活をしている以上、浄化をせず汚染・破壊をし続けているわけですから、避けては通る事はできないでしょうが、全ての国民が平成で学んだ負の知識を令和に引き継ぐ事なく、人との共存・自然との共存が課題でしょうね。

今日は元日。

全ての国民にとって希望あるスタートとなるよう願います。



2019年4月29日

平成に感謝

Filed under: ちょっといい話 — スキップ江原 @ 8:59 PM

平成31年が終わりを迎えようとしています。

様々な経験と実績を積ませてもらった30年間でした。

お陰様で新しい時代も元気に迎えることができそうです。

皆さんの 平成 はどんな時代でしたか。



2019年4月21日

Power Phrase

Filed under: ちょっといい話 — スキップ江原 @ 7:13 PM

色々な人と出会い、色々な人の影響を受け、色々な人から助言を受ける。

100人よりは200人。1000人よりも2000人。

私も6年の時にバスケットクラブ顧問の1年1組の先生から「江原は面倒見がいいなぁ」という言葉が刺さり今に至っています。

沢山の人と出会う事で人生を変える言葉に遭遇するかもしれません。



2019年4月9日

スキップ卒業生からスター誕生!

Filed under: ちょっといい話 — スキップ江原 @ 11:56 AM

春のセンバツで愛知・東邦高校が優勝しました。

そのベンチメンバー(控え投手)の 奥田優太郎君は、以前 佳那子先生と取材を受けた子でした。

https://www.sf-skip.com/media/101008.htm

 

努力は裏切らない。今後の活躍も楽しみです。

 

https://baseball.yahoo.co.jp/m/hsb/game/2019040361/top



2019年4月3日

予定がほぼ埋まりました

Filed under: ちょっといい話 — スキップ江原 @ 8:11 AM

毎年4月2日は大垣市立保育園・幼稚園・幼保園の訪問日。

今年度も13園を巡回させて頂きます。

これで3月までの予定がほぼ決まり、お陰様で空き日程があと少しとなりました。

連日で講師依頼をご希望の事業所は日程指定となりますが残りわずかですので、お早めの依頼をお待ちしております。



2019年3月27日

ファインディング ニモ から考える

Filed under: ちょっといい話 — スキップ江原 @ 6:41 AM

ディズニー映画は大人も子どもも引き込まれますよね。

みんなの大好きな『ファインディング ニモ』。

お父さんと離れ離れになってしまい様々な困難を乗り越えるアニメーション映画。

ニモは生まれつきヒレが小さい障がい児。ドリーは記憶障害(LDやADHDも?)。

お父さんは冷静な判断ができず振り回されていると思われがちですが、ニモはニモで、ハンディとは思わず多くの出会いで信頼を獲得していきます。ドリーも自分の記憶を取り戻そうと必死に悩みながらもたくさんの言葉で話をします。

近くにいなさい。喋らないでくれ。これらを守っていては個性が無くなり何も成長しません。振り回されているのではなく、振り回しているのかもしれません。

自分の規制に当てはめず、多くの人からその人のルールを学んでみませんか。



2019年2月22日

自分で自分の質を下げてはいませんか?

Filed under: ちょっといい話 — スキップ江原 @ 8:54 AM

靴のかかとを踏む  貧乏ゆすり  肘をついて食事をする  ◯◯箸とつく礼儀作法  足で物を動かす  口臭・体臭  仕事の後回し etc

子どもの頃はいいんです。そもそもが解らないから注意してくれる環境下で育つ事ができます。

しかし大人になったら誰も言ってはくれません。自分がそれらに気付き意識する事が重要です。

急にお金持ちにはなれなくとも上質な人間になる事は極論タダでもできます。

今からでも遅くはありません。人のふり見て我がふり直せ  ですよ。



2019年2月12日

発信しない人の言葉

Filed under: ちょっといい話 — スキップ江原 @ 4:38 PM

教育者、作者、評論家、弁士 など情報を発信する人々の意見は、影響されやすく ひょっとすると国レベルで大きく動く力を持っています。

でも、ものを発しない人の言葉が時として大きくうなずけたり心に響いたりすることもあります。

ひと昔の名人と言われる人や師匠と言われる人のイメージは、言葉数少なく背中で語る。見て学ぶ、真似て覚える。遠いようで一番最適な伝承の形だったのでしょう。

そんな人達が話す言葉に更に学びがある。

発しない人にはそれなりの理由があり、そんな人との付き合いが財産となるのでしょうね。

 



2019年1月28日

カメラが見ている時代

Filed under: ちょっといい話 — スキップ江原 @ 11:42 PM

イーグルアイ』という映画がありました。 全ての人の動きを防犯カメラやモバイルカメラが監視している。どこで誰が何をしているかがネットで繋がれている事で瞬時に把握できる。そんな時代が既に訪れています。

ドライブレコーダーが多くの車に搭載され事故の一部始終を確認できたり、ほとんどの店舗で監視カメラが設置され録画ではなく警備会社などに連動されていたりして、人が人を見守るのではなく、人をカメラが見守る時代になってきています。

最終的には人により手助けをしたりフォローをしたりするのですが、良いも悪いもカメラが見ている時代です。誰もいない場所の方が確実に見られていると考えるべきでしょう。

このシステムをうまく利用して通学路や塾などの帰宅路の安全確保の更なる整備を進めてほしいと思います。



2019年1月23日

本当に必要とされていますか?

Filed under: ちょっといい話 — スキップ江原 @ 5:51 PM

指導者講演でよく話す言葉に『本当に必要とされていますか?』というキーワードがあります。

この人だからお願いしている。この人じゃないと困る。と言われる為にはスキルやパフォーマンスもさることながら、人柄が大半を占めていると思います。

その『人柄』は学んで身につくものではなく、自分自身が小さい時から育ててもらった習慣や社会、今後の出会うだろう人達に対する気配りなど、様々な人とのかかわりで構築されていくものだと考えます。

人に必要とされる為にはその人やその周りの人達を知らず知らずのうちに暖かく包み込む人柄を身につけて下さい。



次ページへ »

HTML convert time: 0.602 sec. Powered by WordPress ME