2023年4月19日

Touch & Go

Filed under: ちょっといい話,やらなカン — スキップ江原 @ 10:46 AM

レッスン前に点呼・挨拶と共に5分ほど言葉あそびをします。ホワイトボードを使って、『野菜の名前』『都道府県名』『英語で言うと?』など、幼児・児童にかかわらず、簡単なものから難しいものまでジャンルを問わず幅広く問題を出します。

当然わからない問題にも直面します。その際に『audience(オーディエンス)』としてギャラリーの親御さん達に聞きに行かせます。

例えば、

栗=chestnut (チェスナッツ)
柿=persimmon(パーシモン)

など、聞いたことのない言葉をお父さんやお母さんから教えてもらい私に報告しに来ます。いわゆる伝達ゲームです。

聞いたことのない馴染みのない言葉を覚えて(インプット)言いに来る(アウトプット)訳ですから、誤変換(解析ミス)もあります。

でも、インプット⇒解析⇒アウトプット の一連の作業が、目・耳・口・鼻・身体・脳 に瞬時に情報を駆け巡っているのが子ども達の毎日の作業なのです。

タブレット端末では強すぎる刺激が入ってくるばかりです。アナログの刺激を与え発信することが成長期には大事なのです。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment



HTML convert time: 0.268 sec. Powered by WordPress ME