2020年12月6日

出来たら記す

Filed under: 保育・指導のツボ — スキップ江原 @ 7:26 AM

例えば縄跳び。

目標があれば頑張ることができる。ゴールがあれば到達できる。というわかりやすい終点を可視化することで、予想以上に頑張ってくれました。

トランポリンを使って長縄跳びチャレンジ。

①リズム良く跳ぶ。
②その場で跳ぶ。
③ジャンプしやすい。

回し手だけが上手くやれば子ども達は8割がた上手く跳べます。

予め書いておいた⑩のマーク。10回跳べたら自分でマークします。

幕目標がハッキリしており、跳べた時に自分で描くのが楽しくなってきます。

年中4歳児。1時間にトータルで短縄100回。長縄80回。すぐに崩れる子がほぼ50分集中してできました。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment



HTML convert time: 0.671 sec. Powered by WordPress ME