2016年8月9日

刺激の多い夏

Filed under: ちょっといい話 — スキップ江原 @ 3:14 PM

今年の夏はいつもと違う。24時間が面白い。

夜から朝方にかけてリオデジャネイロオリンピック。日中は夏の高校野球。

今何かを始めようとしている子や、まさに熱中している子。今年の夏はトップレベルの刺激が見られるので収穫が盛りだくさんですよ。

 



2016年8月8日

女子力を磨く

Filed under: ちょっといい話 — スキップ江原 @ 10:31 AM

SKIPキャンプが無事に終了しました。参加した子ども達は2日間ではありますが、親元を離れ一回り大きくなって帰ってきたのではないかと思います。

今年にキャンプは準備不足や実施間際のアクシデントもあり、女性スタッフ不在での実施となってしまい、女の子達には何かと迷惑をかけてしまったものと申し訳なく思っております。

女性にはなり得ないものの、そういう時こそ『女性だったら何をし、どう動くか?』を考えながらスタッフのサポートをしました。

食前食後の配膳やテーブル拭き  汚れ物の洗濯  トイレスリッパの整頓  子ども達への言葉がけ  お茶の準備  などなど。

裏方の仕事が女子の仕事というわけではありませんが、簡単な掃除ひとつを上げても、子ども達の対応に追われると気づき得ないのではないかと思うと、日々の生活に反省です。

女の子がチームを組んで頑張ってくれたのも大変助かりましたが、出来ればあそびだけに集中させてあげたかったです。

緊急事態の時だけ発揮できる女子力ではたいしたことはないでしょう。普段から磨きをかけたいと思います。



2016年8月4日

意識したもの勝ち

Filed under: 保育・指導のツボ — スキップ江原 @ 10:21 PM

ホテルに勤めている方とお話をする機会がありました。

この時期は夏休みということもあり毎日のように家族客でほぼ満席です。社員の統一事項として「お子さんを見たら手を振り声をかける。」だそうで、忙しい中にも一手間をかける事で客に好印象を与えます。

統一事項は手を振り声をかける。しかし更なる一手間がスペシャル感を生みます。

「今何年生?」「3年生、夏休みの宿題大変になってきたでしょ。」これだけで子どもとのコミュニケーションが保てます。

「今日は暑い中お越し頂き有難うございました。お疲れ様でした。」「近くにこんな名所がありますよ。」これだけで大人の方に信頼感が生まれます。

レッスンや保育でも同じこと。アンテナを高くして、知り得た知識を駆使し、年齢にあった内容を語りかける。技術だけを教えれば良いというものではなく心から喜ばせるスペシャルな言葉を準備しておく。

意識したものが勝ちですよ。



2016年8月3日

チームを意識する

Filed under: わからなカン — スキップ江原 @ 5:55 PM

先日、スタッフに事務所の仕事について電話で指示をしました。「わからなかったら電話をかけるように。」

電話もなく業務時間が過ぎたのですが、終了メールに「先に上がります。わからなかったのでそのままにしてあります。」と。

当然の事ながら雷が落ちました。

子ども達に「できないという前に考えろ!」と言っているという事は「考えてもわからなかったら聞きなさい!」という意味だろ。

わからないまま放置をしたら他のスタッフがやってくれる。と思ったら大間違い。そこで苦労してでもわかり得た事が財産。それを放棄する事はあなたにとって一生その財産を得られずに損する事になる。その為に24時間のタイムロスとなり結果迷惑をかける事になる。

聞くは一時の恥  聞かぬは一生の恥  聞くという事にも至らないのは人間の恥

チームを意識する事がチームとして働く基礎です。

自分で解決せず、恥ずかしくてもまずは考え、わからなければ聞く。当たり前の事を当たり前に行いましょう。



« 前ページへ

HTML convert time: 0.664 sec. Powered by WordPress ME