2012年8月3日

Filed under: ちょっといい話 — スキップ江原 @ 11:50 PM

ほとんどすべての「道」とつくスポーツは、礼に始まり礼に終わります。

お互いに礼。会場にも礼。審判にも礼。はじめの礼をしたその時から試合開始。今まで積み重ねてきた力を存分に発揮して相手と真っ向勝負します。

試合終了が告げられると終わりの礼。その瞬間からノーサイド。互いの健闘をたたえあい握手や抱擁をすることでしょう。

オリンピックの柔道は様々な問題が取り上げられ、結果的にメダルラッシュとはなりませんでしたが、礼に始まり礼に終わるという「道」の精神がすべての階級において伝わってきました。

でも、国際柔道に勝つためには技のみではなくまだまだ課題があるような気もしました。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment



HTML convert time: 0.873 sec. Powered by WordPress ME