2012年2月8日

運動療育レッスンの今後の課題

Filed under: やらなカン — スキップ江原 @ 4:47 PM

これは一個人のつぶやきとして流して下さい。

運動療育レッスンの問合せや申込みが年々増えています。利用をして頂く事でスキップの成長にはなりますが、このレッスンを利用しなければならないお子さんが多くなっていると思うと、正直複雑です。

体育レッスンでは逆上がりや跳び箱・プールや徒競走など、技術の習得や目標に対する達成を目的としているので、子ども達の喜びや悔し涙なども貴重なレッスンとして従事しておりますが、療育レッスンは学校内での適応。強いては社会への適応、将来的な見通しも視野に入れながら長い目で見ていかなければなりません。

その為には、今現状の弊社のレッスン料では会員様の負担が多すぎます。自治体にも働きかけましたが我々がNPO法人ではなく営利団体である為に補助金も出ません。

今後も有識者の方々や団体などに働きかけ、何とか低価格でのご提供が出来るように務めていきます。

スポンサーになって下さる企業や情報提供をお待ちしています。



HTML convert time: 0.631 sec. Powered by WordPress ME