2020年11月26日

やれるものならやってみろ

Filed under: 保育・指導のツボ — スキップ江原 @ 8:49 AM

ビジネスの種類は無限に存在します。ビジネスモデルもその分あるのですが、顧客としてはまず第一に価格を見てしまいます。

例えば塾。国語を教えてもらいたいけど、Aは5,000円。Bは8,000円。単純に価格の安い方を選ぶのが一般的なユーザーです。

子どもが理解して学力が上がり希望校に合格できれば安い方が良いに決まってます。

オーナー目線で考えた時、当然儲けが必要で、顧客を集め、結果を出す。しかし、そこに『真似できるものならやってみろ』と言わんばかりの他では出来ない武器があると、価格は関係なく波が押し寄せてきます。

一般ウケするこだわりが、スキップにはあります。



HTML convert time: 0.533 sec. Powered by WordPress ME