2011年9月19日

敬老の日

Filed under: ちょっといい話 — スキップ江原 @ 9:57 PM

ハッピーマンデーという制度が制定されてから月曜日がやたらと休日になり、実は業務的にマイナス面が多いのですが、祝日を素直に祝い喜ばなければなりませんね。

今日は敬老の日。改めて仏壇に手を合わせて、今の私がいることに感謝致しました。おばあさんは小学5年生まで私を育ててくれましたが、おじいさんは私が生まれる前に他界しており遺影でしか見たことがありません。しかしながら私の名前はおじいさんからそのまま受け継いでおり、「ウソだろ!?」と半信半疑ながら幼き頃に調べて自分自身驚きました。

私の名前は 直紀=なおき。 おじいさんの名前は 直吉=なおきち。 そのままじゃん・・・。

でも人の名前には意味があり、この名前には不満もなくむしろ愛しています。

祖先に感謝。今に感謝。

2 Comments »

  1. ビックリするほど、そのまんまの名前ですね。
    失礼ながらブッと吹き出してしまいました。

    や、でも「なおきち」でなくてヨカッタ(?)ですね。
    渋すぎる。

    Comment by ひらたけ — 2011年9月20日 @ 10:15 PM

  2. To ひらたけさんr
    私も、両親に言われてはいたものの冗談かと思い、遺影の額縁を空け裏を見たら「直吉」としっかり書いてありました。複雑・・・。

    Comment by スキップ江原 — 2011年9月21日 @ 7:29 AM

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment



HTML convert time: 0.545 sec. Powered by WordPress ME