2022年12月24日

ご指摘に感謝

Filed under: 保育・指導のツボ — スキップ江原 @ 11:49 PM

スタッフの1人から相談を受けました。

ボールゲームの説明を子ども達にしていたところ、話を聞いていなかった子に対して軽くボールを体にぶつけて注意をしたところ、親御さんから注意を受けた事がかなりの衝撃で、深く悩んでしまったようです。

確かに注意を向けるためにボールを当てる事が正しいかと問われると、その場の雰囲気にもよるのでジャッジはしにくいのですが、真剣に育って欲しい子ども達のために一生懸命になる様に、親も一生懸命に子どもを応援し、スタッフを信頼して預けているので、教育的配慮に欠けているような行動があれば、十分注意をして頂きたいのです。

スタッフを擁護するのであれば、親御さんから注意を受けるうちが華で、50を過ぎると誰も注意をしてくれなくなります。若いうちはたくさん叩かれ成長していかなければならない試練なのです。人を育てるための教育業なのですから、指導者もそれ以上に学び、反省し、前進しなければなりません。

月謝を頂いている立場の我々が言うのもお恥ずかしい限りですが、若い力は子ども達へたくさんの刺激を与える事ができます。至らぬ点も多々有ろうと思いますが、指導者育成の為にどうかご理解ご協力をお願い致します。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment



HTML convert time: 0.251 sec. Powered by WordPress ME