2022年4月30日

トップアスリートの苦悩

Filed under: ちょっといい話 — スキップ江原 @ 6:38 AM

スポーツを生業(なりわい)としている選手とはどんな居心地なのでしょうか?

一部の選手を除いてほとんどの選手が幼少の頃からそのスポーツに勤しみ、遊びの時間を割いてまで練習をし、数々の大会を勝ち抜いて得た地位だと思います。

子どもの頃は楽しいスポーツだったでしょうが、商売となるとチームが勝つために貢献せねばならず、チーム内で鎬を削り、対戦相手に打ち勝たなければなりません。

精神的・肉体的な苦痛や疲労が蓄積し、気持ちがおてると一気に陥落していきます。

トップアスリートが優勝インタビューで「応援してくれる全ての子ども達のために・・・。」とよく言います。

苦しい試練を表に見せず、頑張ればこうなれる。といった憧れの存在も担う役割もしていると思うと、尊敬に値するヒーロー・ヒロインがいつの時代も必要なのです。

プロとなっても世に知れ渡る選手は一握り。勝てば勝つほど収入増と正反対に期待度がまし重圧が重くなるのも事実でしょう。でも、その選手達のおかげで豊かな気持ちになれる事に感謝です。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment



HTML convert time: 0.678 sec. Powered by WordPress ME