2018年7月18日

大変な時だからこそ

Filed under: やらなカン — スキップ江原 @ 7:39 AM

大阪北部地震・西日本豪雨で被災された方々におかれましては、心よりお見舞い申し上げるとともに、復興に尽力されている皆様には安全と健康に留意されご活躍されることを心よりお祈り申し上げます。

人ごとのように思っていた天変地異が短み感じられる昨今、家族での話し合いをしたり少ないながらも避難時のグッズを揃えたりしていますが、できれば未曾有の災害に合わない事を願うのは皆が同じ思いでしょう。

災害ボランティアの方々が被災地入りし瓦礫の撤去や物資の搬入などに勤しんでいますが、最終的には人の力であり、地域の力だと思います。

各学校が避難所になったりグラウンドが瓦礫置き場になっていたりして授業やあそび・部活動が思うように出来ない状況であるのは重々承知ですが、そんな不便で大変な時だからこそ若者の力で被災地から感動を発信してほしいと切に願います。

阪神・淡路大震災や東日本大地震の時も地元球団が心と力を1つにして、市民に声をかけ盛り上がった例もあります。

学生達は夏休み目前での被災で活動はおろか生活もままならないでしょうが、打ち込んでいる目標を諦める事なく全力で打ち込んでほしいと思います。

その感動が必ず地域の支えになります。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment



HTML convert time: 0.535 sec. Powered by WordPress ME