2011年3月22日

11日ぶりに

Filed under: ちょっといい話 — スキップ江原 @ 10:30 PM

東北地方太平洋沖地震から11日ぶりに、仙台の知人から連絡がありました。

家族も含めて全員無事だったそうです。 生きていて良かった。

しかし、家は目の前で流されて、友人の一家は犠牲になったそうです。

お父さんの薬をもらうのに2時間。食料調達のために並ぶのでさえ3時間。

とりあえず親戚の近所に住む事ができたそうで、電気は3日前に、水も昨日開通したそうですが、宮城県の南で福島県に近いため、地震・津波・放射能のトリプルショックでまだまだ落ち着けないそうです。

「もうあきらめました。」 力のない声でしたが、全てをあきらめたことで前を向いて頑張っていくそうです。

何もしてやれない無力さ。 自分に憤りさえ感じますが、連絡が来たことに少し安心しました。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment



HTML convert time: 0.562 sec. Powered by WordPress ME