2009年10月22日

ブランコを使ってボール渡し

Filed under: プレジャートレーニング — スキップ江原 @ 6:27 PM

不安定なロープブランコでボール運びリレーを行ないました。

クレーン大作戦1番手がカゴに入ったテニスボールを拾います。

この時点で捕る方の手(パワーハンド)とそれを支える方の手(ガイドハンド)の役割が出来ていないと転落してしまいます。

 

クレーン大作戦2番手にボールをトス。

既にこの時点で姿勢が崩れていますが何とか受け渡しが出来ました。程よく距離が離れている為に綱を揺らさないと相手にボールが手渡せません。

 

クレーン大作戦2番手はゴールのBOXにボールを入れます。投げると弾んでしまって外に飛び出てしまう為、そっと置かなければなりません。

足が地面についていない状態では体も不安定で、且つバランスもとりにくく、思ったように体を動かすことが出来ません。

内足でロープをはさみ腹筋や背筋で姿勢保持をすることで座位のバランスが保たれます。

あそびの中にも子ども達は体の使い方を常に学習しているのです。



HTML convert time: 0.540 sec. Powered by WordPress ME