2009年1月19日

教育にも変化を

Filed under: ちょっといい話 — スキップ江原 @ 11:40 PM

時代とともに、ファッション・子どもの感性・生活スタイル・豊かさ・文化・技術などがどんどん変わっていっています。教育現場やそれを取り巻く環境も変わっています。

20年ほど前に「共通一時試験」から「大学入試センター試験」に変更。公立大学だけではなく私立大学も導入するようになってきました。

17年ほど前に週5日制を導入。第1土曜日、第2・4土曜日・毎週土曜日と休みが確立され、「ゆとり教育」と言われるようになりました。 

低学年の授業に「生活」が導入。

細かい改革、大胆な改革を重ねて子ども達は学校という環境で生活をし、学び、成長しています。

今日のニュースで3年後の2012年に横浜市内の全市立小中学校を9年間の一貫教育にすると発表しましたし、独自の教育理論で学力テストに不参加している犬山市など、自治体や教育委員会もさまざまな角度から教育について改革しようとしています。

子ども達・学校側・家庭の三角がそれぞれ理解し共存すれば、新しい試みもうまくいくでしょうし、時代に沿った教育のあり方もありだと思います。が、1つでも「負担」と思ってしまうと、理想も崩れてしまいます。

やはり教育にも「CHANGE」が必要なのでしょうね。



HTML convert time: 0.546 sec. Powered by WordPress ME